留学時代の友人が今のパートナー

少し昔に海外留学していました。あわよくば、その地で新しい出会いがあったらいいな、と言う小さな期待をしていましたが、まさかそれが現実になるとは思っていませんでした。留学が最終的には自分の婚活になっていたことになります。

私の場合は、留学先で同じく留学をしていた日本人とお付き合いをしていたのですが、その後同じ学校に通っていた韓国人の男性から強烈なアプローチを受け、ものすごく迷った挙句最終的には韓国人の彼を選び、結婚に至りました。

実際には婚活と言う言葉を使うのはおかしいのかもしれませんが、2人の男性の間で、両方の男性にそれぞれの個性に惹かれ、それを双方に伝え、そして2人に正直に「2人をよく見て結論を出させてほしいし、2人にも私をよく見てほしい」と伝えた上で2人には、行動、生活、家事などを重点的に見てもらいながら私も、2人の頼り甲斐、信頼度、逞しさ、私への気持ちを意識して接して結果的に韓国人の彼と結ばれました。

確かに国柄の問題で双方の両親とは少しもめましたが、そこもどうにか説得し、少しは日韓のわだかまりを払拭したうえで結婚に至ったと思っています。今は日本で暮らしています。複数の異性を比較することはいい事ではないかもしれませんが、一生の生活が掛かってくるので、ここはしっかりと見定めて判断してよかったと思っています。

ダラダラ婚活は、良くない

私の周りで、婚活をしていて、成功して結婚できた人と、いつまで経っても結婚できていない人の特徴が分ったので、まとめてみたいと思います。私の友達や知り合いで、婚活をしている人は、話を聞いてみるとほとんどの人が何かしらの婚活をしているということです。

婚活をしている中でも、婚活を終えて結婚をした子に話を聞くと、婚活を始めて、すぐに結婚相手の人と出会い、その人と1年ほどお付き合いをして、それから結婚をしているそうです。

そして、未だに婚活をしている人にも話を聞いてみると、婚活パーティや結婚相談所に登録をして活動をしていて、数人の人に出会っては居るけど、ピンと来る人が居なくて、数回会って、結局先には続かなかった、という事でした。

もちろん、タイミングや、本当に気になる人に出会えていないということもありますが、このように婚活をしている人に話を聞くと、婚活を始めて、誰かに出会ったらその人の事を一番に思って一途に付き合い続けている人は結婚でき、「もっと良い人が居るはず」という考えでダラダラと婚活を続けている人は、いつまでたっても婚活をしていると思いました。

なので、本当に結婚をしたいと考えているのであれば、期間を決めて、その間に一生懸命に良い出会いを探し、結婚への道を作ることが大切だと思いました。

婚活パーティー「シャンクレール」に参加

私は、20代女性です。先日、シャンクレールの「20代・30代中心/婚活、恋活編」という名のパーティーに一人で参加しました。婚活パーティーに参加することは初めてではありませんが、約1年振りの参加だったので緊張しました。

着席すると、まずエントリーカードに自分のプロフィールを記入しました。そして、1対1のトークタイムですが、このトークタイム中に相手の男性と上手く話せるか話せないかで結果が出るので、トークタイムが一番緊張します。今回のパーティーに参加して驚いたことが一つありました。

その驚いたこととは、40代の男性も参加していたことです。20代・30代が中心の婚活パーティーなのに、40代の男性が参加していたので、私は驚きました。トークタイム中に、40代の男性の方とお話しをする機会がありましたが、その方とは正直あまり上手く話すことができませんでした。

ですが、貴重な体験をさせてもらったと思っています。最終的に、私は30歳の男性の方とカップルになることができました。好きな食べ物がお互いに一緒だったので、トークが盛り上がりました。カップルになった後は、連絡先を交換して一緒にご飯を食べに行きました。パーティーに参加して良かったと思いました。

婚活は仕事の一部?!

婚活という言葉は今やすっかり市民権を得ており、「明日、わたし婚活なんだ」「今度の日曜日、婚活に行ってくる」といった会話が日常交わされている…とは思いませんが、結婚していないことは恥ずかしいことでもなんでもない今日この頃です。

しかし、筆者が住んでいる片田舎の地域では、結婚していないとかなりの変人と思われます。特に男性は、仕事のできない奴だの、仕事を任せられない奴だのという烙印を押され、肩身の狭いというレベルではなく、下手をすると死活問題ともなりかねません。土地によっては、結婚は一人前と認められるために今でも絶対必要なことなのです。

というわけで婚活です。この片田舎で筆者が勤める団体が婚活パーチィーを主催し筆者も現場に臨場いたしました。なかなかの盛況でしたが、その後カップルが誕生した、結婚したという話は聞きません。

でもこの土地で生活していくためには結婚する必要があるのですから、そこそこの割合で皆さんちゃんと結婚しています。どのようにして?それは古典的な婚活である、お見合いや知人(上司や親方を含む)の紹介などがほとんどなのです。

もう少しマシな相手はいなかったのか…と余計なお世話ながら思ってしまうようなカップルも少なくないのですが、先に述べたような事情で生活がかかっているのならば致し方なく、かつ上司や親方の紹介といえばこの片田舎では命令に等しく、生活の手段の一つと割り切っているのかも知れません。

とはいえ、周りの人間があれこれ憶測で勝手なことを言うべきではなく、子供も生まれ仕事も順調、となれば当人たちはそれなりに幸せなのでしょう。そう考えると、古典的な婚活の一つであるお見合いや紹介を依頼するのも失敗の少ない高確率な方法と言えそうです。

自分に合う婚活の見つけ方

私はまず初めに、男性の方と一対一で個室でお話す婚活パーティーに参加しました。
個室だと周りを気にせずお話できると思ったからです。しかし実際のところ、何名もの方と数分ずつお話しても、誰がどんな方でどんな話をしたかすぐに忘れてしまいます。メモを取ることもできますが、ほとんど時間はありません。

正直気になる方を選べと言われても、その中で本当にビビっと来る方でもいない限り難しいです。私は可もなく不可もなく…という方を選びましたが、マッチングしてもなかなか次に繋がりませんでした。

そこで次にネット婚活を始めました。ネット婚活だと、相手の方の写真、プロフィールを見て、興味のある方のみとメッセージのやり取りをすることができます。ある程度ネット上でやり取りをしてから会うかどうか決めることができるので、自分のペースで距離を縮めることができます。

ネットだと不安なこともあるかもしれませんが、私が出会った方は真面目な方ばかりでした。ただし、会う際は昼間の人通りの多いところで会う、初対面で密室になる所にはいかない、など注意することも必要です。

自分の身は自分で守らなければなりません。ネット婚活だとたくさんの方と出会えるので、その中で良い御縁があるかもしれません。人それぞれ自分に合った婚活方法があると思います。まずはいろいろ試してみて、いい出会いを見つけてはどうでしょう?

妹の婚活を、既婚者の姉が考察してみた

20代後半の妹が絶賛婚活中です。妹は都内の企業で事務職をしていますが、社内は既婚のおじさんばかり。新入社員も一人居るようですが、お互い特に興味がないようで恋愛関係に発展する様子はありません。

学生時代の交友関係は狭く、おまけに男性陣は次々と結婚してしまっているため、妹が男性と出会う場は合コン、街コン、友人の紹介のいずれかです。

 

そんな妹の婚活の様子を観察していて思うのは、「街コンに質の良い出会いはないのではないか?」ということです。なぜなら、街コンは学歴、仕事や収入、交際相手の有無など、自分を偽ろうと思えばいくらでも偽ることができるからです。実際、私の友人は彼女がいるにも関わらず参加していました。

友人曰く、「彼女に不満があるわけでも浮気をするつもりでもなく、街コンがどんなものか見てみたい。数千円の参加費は別に気にしない。可愛い女の子と話せたらそれでいい。」だそうです。真剣に婚活をしている人に失礼じゃないかな…と思いますが、こんな考えの男性が参加していることも事実です。

また、つい先日街コンに参加したばかりの妹は「やっぱり街コンはダメだな~。話せる時間が短すぎてどんな人かわからないし、連絡先の交換まで辿り着くのが大変!」とぼやいていました。

一方、合コンや友人の紹介は、一度に出会える男性の人数こそ少ないものの、「友人のお墨付き」の男性と出会えます。つまり、合コンの主催者(男性側)や紹介人は「今現在フリーの友人」「自分が女性にオススメできる友人」を選別して合コンに連れてきたり紹介してくれたりします。

容姿や性格が自分の好みかどうか、自分が求めている条件と合致するかどうかは置いておいて、この時点で「実は彼女持ち」「実は定職についていない」「実は性格にものすごくクセがある」等のリスクを回避することが可能です。更に、合コンや友人の紹介であればゆっくりと話したりメールをする時間も確保できますし、連絡先の交換に関しても受け身なタイプの方(妹は典型的な受け身タイプです)でも、合コン参加者の中の誰かが「連絡先交換しよー!」と言ってくれさえすれば容易に交換可能です。

実際、妹も街コンよりも合コンで出会った相手と食事に行く確率が高いですし、街コン後はあまり結果報告をしてこないのですが(察するに、特に何もなかったということだと思います)、合コン後は楽しそうに「○○さんが真面目そうで優しかった」「○○さんと食事に行くことになった」と報告をしてくれます。

かれこれ1年近く妹の婚活を観察していますが、効率よく婚活を進めたい、質の良い相手と出会いたいというのであれば、街コンよりも友人を介した出会いがおすすめかな、と思います。

第二の人生の婚活

私は50代ですが、まわりの知人に、こども達が巣立った後に再婚した人が、何人かいます。こどもが巣立っているので、こどもとの相性を心配する必要もないですし、やはり、第二の人生に、パートナーが欲しかったようです。

若い頃でもそうですが、まわりが結婚、出産しだして、特に興味もなかったのに焦り出して、婚活を始め出すという事は多いと思います。第二の人生では、焦りより、老後の不安や淋しさ解消のためでしょうか。

再婚した友人に、馴れ初めを聞くと、友人の紹介だそうです。相手のいる事なので、自分一人頑張っても、上手くいくものではないです。淋しいからといって、婚活パーティーに行きまくっても、良い相手に出会わないとかよく聞きます。

やはり、友人の紹介とかが、安心できるし、気負わずに会えて、自然に振る舞えて良い結果になるのかなと思います。探そうと思って探しても、なかなか上手くいくものではないので、普段から、友人達とコミュニケーション取ったり、新しい出会いの場所に行ったり、少しずつでも、行動範囲を広げていく事が、一番大事かなと思います。

そればかりが生活の中心になり、結果に一喜一憂するのでは、本末転倒だし、人生がもったいないと思います。

婚活は運命探し

女性は「運命」という言葉に弱いです。男性もそういう方もいらっしゃると思います。結婚は、これから一生共に暮らしていく、世間の荒波と戦うパートナー探しでもあります

そんな運命相手をどうやって探すのか。難しいですよね。人によっては、「ビビビッ」とも言われる運命を感じた相手を見つけることもあります。知人は、今の旦那様と初めて会った時、教会の鐘の音が聞こえたそうです。

その時、私その人と結婚するの?タイプじゃないんだけど。と思ったそうですが、今でも結婚20年くらい経った今でも夫婦仲良しです。羨ましい限りです。こういう風に分かりやすく、この人が運命の人だよ。と教えてもらえたら有り難いものですが、分からない人の方が多いと思います。

私も婚約者がいますが、彼は私と初めて会った時に、この人と結婚する。と思ったそうですが、私は何とも思いませんでした。彼のペースに巻き込まれて今があると言っても過言ではありません。私は、今婚約者とお付き合いを始める前は6年彼氏ができなくて、世の中の人はどうやって結婚するんだろう。どうして他人と長く暮らせるのだろう。と思っていました。

しかし、話はうまく行くときは自分が思ってなくてもどんどん進むものだと思いました。今、停滞している話なら、それは進まなくていい話なんだ。進まない話に自分が気を揉む必要もない。進まないということはうまくいかない。とも思いました。ただ、相手と出会わなければどうにもならないので、とにかく外に出ることは大事です。どこに運命が転がっているかわかりません。誰かの紹介や婚活イベントなどは積極的に参加しましょう。たくさんの方が運命に出会えることを祈っております。